従業員満足度調査の申し込み【採用率の上昇と離職率の低下も望む】

記事一覧

二つの動機づけ

社内

内発的動機づけが大切

モチベーションを持ち、それを維持するのは何に取り組むにしてもとても大切です。ではどのようなモチベーションを持てば望ましい状態を維持できるでしょうか。人を何らかの活動へと促す動機づけは大きく分けて外発的動機づけと内発的動機づけの二つがあります。外発的動機づけは、その活動をすることによってなんらかの報酬が得られるから、あるいはしないと罰を与えられるから、というものです。ごほうびが欲しいから勉強する、あるいは、叱られるのが嫌で勉強するといったことがこれに当てはまります。一方、内発的動機づけは、その活動そのものがしたいからする、というものです。勉強していろいろなことを知ったり考えたりすること自体が楽しいから勉強する、というものです。人のモチベーションを維持するためには、外発的動機づけより内発的動機づけの方が有用だとされています。給料がもらえるから仕事をやっている、というだけではモチベーションが十分に維持できない可能性があります。一方、仕事そのものが楽しい、やりがいがある、と実感しながら仕事をしているとモチベーションも維持されやすくなります。では内発的な動機づけを持ち、それを維持するにはどうすればよいでしょうか。仕事を通じて自分が成長することを実感できたり、自分の仕事が誰かの役に立っていると実感できたりすると、仕事に対する内発的動機づけは高まります。仕事に対して適切な目標設定をすること、自分の仕事がどのように他者や社会につながっているかを知ることがモチベーションの維持にはとても大切なのです。

Copyright© 2018 従業員満足度調査の申し込み【採用率の上昇と離職率の低下も望む】 All Rights Reserved.